クローラー交換/緊張シリンダー整備

ゴムクローラーの交換作業やクローラーがすぐゆるむ場合は、

次の作業で確認して下さい。

下記の様にグリスニップルの付いているバルブを外します。

2003_0101pc40-0001.JPG 2003_0101pc40-0002.JPG 2003_0101pc40-0003.JPG 


バルブを外すとクローラーがゆるみます。

アイドラーの内側からバールで走行レバーで回しながら

外側へ押すとクローラーが外れます。(ゴムクローラー交換)

クローラーがゆるむ場合は、アイドラーの緊張シリンダー不良か

バルブのOリング不良が考えられます。

今回はバルブのOリングからのグリース漏れでした。

2003_0101pc40-0004.JPG 2003_0101pc40-0012.JPG  2003_0101pc40-0013.JPG

     (バルブ)

2003_0101pc40-0023.JPG

    (アイドラー)